韓国は外交を捨てた!?異常な韓国の判決に海外の反応は「文政権は日韓国交断絶をするのか?」…国際法無視した代償に孤立【世界情勢】

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『異常な韓国の判決に海外の反応「文政権は日韓国交断絶をするの?」』

主権免除の原則を無視し続ける韓国ですが、国際社会からの孤立が進んでいます。
そんな状況に、米国の弁護士で日本でも活躍されるケント・ギルバート氏が警鐘を鳴らしています。
文政権率いる韓国の対応が日本から見ただけではなく、米国など世界的にどう見えているのでしょうか。

韓国は国交を断絶したいのか!? 国民感情で国際法無視した慰安婦訴訟、法治国家とは思えない傲慢で危険な判決


韓国の元慰安婦らが日本政府を相手取り損害賠償を求めた訴訟は23日、日本政府に賠償を命じるという常軌を逸した判決のまま確定した。
韓国政府は同日、「被害者と相談し、円満な解決に向けて最後まで努力する」と声明を出したが、どの口が言っているのか。
あきれ返るばかりだ。
そもそも、他国の裁判権に国家は服さないという国際法上の「主権免除の原則」を完全に無視している。
さらに、日韓の財産や請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」しており、慰安婦問題は2015年の日韓合意で「最終的かつ不可逆的に解決」している。
国際法や国家間の合意を反故にし、国際秩序を踏みにじる韓国・文在寅政権の異常さには、恐ろしさすら感じる。
先の米大統領選では「不正選挙だ」という議論が過熱した。
そこには、ドナルド・トランプ前大統領を支持する人の感情も含まれていたが、米国憲法の下で、その言い分は退けられた。
しかし、韓国では、「反日」という国民感情が国際法を無視してまかり通る。
法治国家による判決とは到底思えず、非常に傲慢で危険だ。
冷静にみても「日本にケンカを売っている」としか思えない。
まさか、本気で「日韓国交断絶」をしたいのだろうか?

朝鮮半島情勢が緊迫するなか、本来であれば米国は、日米同盟と米韓同盟という2国間だけでなく、日米韓の3カ国で安全保障上の協力すべきと考えているはずだ。
前出の日韓合意は、米国のそうした思いと、安倍晋三政権(当時)の慰安婦問題に終止符を打ちたいという思いが合致したものと解釈している。
だが、ことごとく韓国が約束を破り続けた。
仲裁した米国は正直、困り果てているに違いない。
冒頭の判決確定を受け、原告側は日本政府の資産の差し押さえも検討しているようだが、実行してしまえば、日本政府は制裁も十分に検討すべきだ。
韓国が日本による仕返しに腰が引けているとすれば、そこだけは理性が働いていて褒めるべきかもしれない。
イジメをする“ガキ大将”というのは、相手の反応を見て喜ぶものだ。
現段階では資産が韓国側に渡ったわけでもないため、日本側は無視しておくのが一番だ。
墓穴を永遠に掘り続けている韓国は、自国が正しいと思う行動を取ればいい。
韓国の暴走に拍車をかけたと思えるのが、康京和外相の交代人事だ。
表向きは、米国の政権交代に合わせた人事だが、韓国内では「北朝鮮を激怒させたのが理由では?」という報道もある。
事実なら、国家主権を奪われたかのような話であり、開いた口が塞がらない。
いずれにしても、韓国は国際社会から孤立するばかりであり、日本から手を差し伸べることは何もない。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

公娼問題で、日本政府に賠償を命じる判決を韓国地裁が出した直後に、文政権は呆れた声明を出していますが、未だに特別な行動にはつながっていないのです。
二枚舌+口だけ外交が得意の文大統領のお決まりの手法ですね。
米国弁護士のケント氏も文大統領が、主権免除の原則に反しており、日韓請求権協定や2015年日韓合意をことごとく反故にして、国際法基の観点からみても恐ろしさを感じるレベルの異常さを文大統領とその政権から感じているようです。
どれだけ文大統領側に立ったとしても、この異常さは変わらないことが解りました。
さらにケント氏は、韓国の反日感情にも言及しています。
自由の国である米国で育ったケント氏は、色々な主義主張があることは否定していないのですが、韓国のように反日という主義主張が、韓国の憲法や法律を無視するばかりか、国際法までも無視するというのは、法治国家の司法権としてはありえないと、言葉では表現できない危機感を感じているようです。
ここまで無視するのは法治国家では例はなく、北のような独裁国家しか、長い世界史の中でも見当たらないです。
さらに、朝鮮半島の平和のために日米韓の三カ国が緊密に連携することが、安全保障上の課題と米国は早い段階から認識していたのでしょう。
そのために、2015年当時の米国オバマ政権時代の中枢にいたバイデン大統領が、自国の外交問題と同等にとらえて日韓合意を仲介したのでしょう。
同盟関係にある米国がそこまで尽力してくれた合意を簡単に反故にすることは、国際儀礼で無礼な事であることは言うまでもないのですが、単純な人間関係としてみても最低な話です。
イジメをするガキ大将の代表格、ドラえもんのジャイアンですら義理人情には熱いのですから、ガキ大将の器すら文大統領は持ち合わせていないのでしょう。
日本はこのまま冷静な対応をし続けることで問題は無いのです。
朝鮮半島の安全保障上の最大の問題は北です。
独裁政権である北の指導者を暴走させないために、米国を中心として国連などが日々努力しています。
そんな国際社会の努力を無駄にする文政権の対北外交政策は、土下座外交と言うべき内容となっています。
北が激怒したと勝手に忖度しては、韓国外相を交代させたり、韓国国内の表現の自由を奪い取り、対北ビラ禁止法を作ったりしています。
また、韓国を北の脅威から守るために行われている米韓合同軍事演習についても、何を考えているのか、仮想敵国であるはずの北と相談をやりだす始末です。
南北連絡事務所を爆破されても、ラブコールを続ける文政権に対しては国際社会は諦めの胸中で見ていることでしょう。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

韓国の迷走は内では気付けない

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…「合理的な根拠に基づいた反日なら理解でもするが」「堅固な韓日同盟は、国益につながることです」「私は今の時代でも反日するのは理解できないです」といったように、北との関係が合わさったことで日韓関係の重要さに気付く声もあります。
また、海外で育った韓国人の声もありましたが「本当に反日なんかして欲しくないです」「米国が望むのは、東アジアで楔となるために韓国と日本両国がお互いに協力することです」「韓国がこのまま反日をすると、何時か米国に酷くやられるかも知れません」など、世界から見た韓国の立ち位置が肌感覚で分かるのでしょう、同盟関係の大切さが解っているコメントも目立ちます。
ですが、外交音痴の文大統領は気づけ無い上に、国民もその影響で反日に染まってしまっている為、日本は最早関係改善は諦めムードです。

報道 探
報道 探

韓国の常識は、世界の非常識ですから、韓国国内に居ると気づかないのですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました