米国がまたもや華麗に韓国スルー!韓国政府の必死な取り繕いに、国内では各方面に敵を作り過ぎて焦り【世界情勢】

米国がまたもや華麗に韓国スルー!韓国政府の必死な取り繕いに、国内では各方面に敵を作り過ぎて焦り【世界情勢】
米国とのコミュニケーションをとるのに必死な韓国ですが、康長官を訪米させるなど画策していますが、 そんな中、ポンペオ長官のアジア外遊を調整したのにも関わらずまたもやスルーされてしまったようです。 米国だけでなく、他国でもコリアパッシングが広まっている状況に文政権はどう動くのでしょうか? ■チャプター 00:00 オ...

『米国がまたもや韓国スルー!各方面に敵を作り過ぎて焦り』

米国とのコミュニケーションをとるのに必死な韓国ですが、康長官を訪米させるなど画策していますが、そんな中、ポンペオ長官のアジア外遊を調整したのにも関わらずまたもやスルーされてしまったようです。
米国だけでなく、他国でもコリアパッシングが広まっている状況に文政権はどう動くのでしょうか?

ポンペイオ、韓国を除いて東南アジア4カ国を訪問


韓国国防部は22日、トラック31台を使って慶尚北道(キョンサンプクト)星州(ソンジュ)郡の米軍のTHAAD基地に工事に使用する機器などを搬入した。
国防部が大型の機器などを陸路で星州(ソンジュ)基地に持ち込むのは、2017年にTHAADが臨時配備されて以来、今回が初めてだ。
その過程でTHAAD配備に反対するデモ隊が基地の入り口を封鎖し、機器の搬入を妨害したため警察と衝突した。
最終的に警察がデモ隊を解散させたため機器は搬入されたが、単純な工事にも反対勢力が大きく動いたことで、韓米間の溝はさらに深まる形となってしまった。
米軍はデモ隊によって孤立した星州(ソンジュ)基地の再整備を当初から要請してきた。
しかしデモ隊の妨害で陸路が使用できないため工事は進まず、昨年は臨時コンテナ施設をヘリコプターなどで空輸することもあった。
ある韓国軍関係者は「かつてゴルフ場のクラブハウスだった建物を正式な工事もせずに使用してきたためあまりにも不便だ」とし、「米軍はこの問題について以前からずっと抗議してきた」と明らかにした。
このような米軍の不満は、今月14日に開催された韓米安保協議会(SCM)の共同声明に明記された「星州(ソンジュ)基地THAAD部隊の安定的な駐留条件を整えるため、長期的な計画を取りまとめることにした」との文言にも反映されている。
問題は今回の星州(ソンジュ)基地への機器搬入の際に表面化した対立が影響し、すでにギクシャクしている韓米関係が一層難しくなる恐れがある点だ。
米側は星州(ソンジュ)基地の劣悪な環境について「兵士の人権」という問題にまで言及し抗議を続けているという。

 

このような中で米国防総省は、ポンペオ長官が今月25日から30日までの日程でインド、スリランカ、モルディブ、インドネシアの4カ国を訪問すると発表した。
韓国政府が求めてきたポンペオ長官の来韓が2回続けて実現しなかったのだ。
これに先立ちポンペオ長官は今月7-8日にソウルを訪れる予定だったが、突然これをキャンセルし東京で開催された、クアッド(米国がインド・太平洋地域で中国をけん制するため推進する多国間安保協力体)外相会議にのみ出席した。
韓国外交部はこの日「康京和長官とポンペオ長官が21日と22日の2回、電話会談を行った」「(康長官は)近く米国を訪問する計画」と明らかにした。
ポンペオ長官がアジアを歴訪する際に韓国が除外されるのは異例で、米中間で綱引きを続ける韓国への不満を表明したとの見方も出ている。
クアッドやクリーンネットワークといった中国排除の動きへの参加を求める米国の要求は一層強まっているが、韓国政府は今なお明確な態度を示していない。
韓国政府の内外からは「SCMでの共同記者会見キャンセルという異例の事態による波紋が続く中、悪材料ばかりが積み上がっている」との指摘も出ている。
現政権は任期中の「2022年戦時作戦統制権移管」への未練が残っているが、米国では「事実上不可能」との見方が支配的だ。
防衛費分担金問題も同じく1年以上にわたり決着がつかず平行線をたどっている。
米下院軍事委員会のアダム・スミス委員長はSCMで「在韓米軍を現在のレベルに維持する」との文言が含まれなかったことに懸念を表明し「非常に重要な同盟を弱めている」と指摘した。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


それでは 記事を読んだ僕の感想ですがといったように、米韓安保協議会の共同記者会見のキャセルに加え、ポンペオ長官の二度にわたるコリアパッシングは、韓国国内に衝撃を与えています。
今回は以前のような大義名分もなく、純粋な韓国軽視の表れだとして、保守層を中心に、韓国の立場を危惧する声があがってきています。
中国との関係性もさることながら、特に米国が問題視しているのは文政権の北への対応です。
一方的な韓国の「終戦宣言」はこれまで安保協力して来た米国を著しく侮辱するものであり在韓米軍の存在意義そのものを否定する発言にもとれる発言です。
経済的に依存している中国に忖度するのはまだ分からなくはないですが、北との関係をここまで優先させることで、米韓関係を崩壊させることは、韓国国民を危険に晒す行為に他ならないと野党からの批判が相次いでいます。
また、北に忖度することで南北が融和に近づいているわけでもなく、北の暴力的な挑発行為や非人道行為、軍備増強は今も続いており、文政権の「親北発言」は百害あって一利なしの自己満足に過ぎないとの見方が強まっています。


こうした世論と野党の追及に対し、康京和長官は米国大統領選以降の訪米を強調し、米韓関係は変わりなく良好であるとアピールしていました。
しかし、ポンペオ長官に二度も訪韓をキャンセルされ、相手にされないからと今度は米国に乗り込んでいくとは滑稽な姿だと揶揄する声も多く、米中対立において明確な態度も示せず「終戦宣言」を取り下げるつもりもない今の状況で渡米したところで結果は同じだという声も大きくなっています。
これらの声には、康長官は「韓国を意図的にパッシングしているとは思わない」「最近の米国世論調査をみると、韓国に対する好感がいつにも増して高い」「韓米の軸が揺れているとは同意し難い」と述べるなど、必死さが垣間見えます。


このように米国との関係を回復させないといけないという状況の中で、中国との関係も冷え込み始めていることは文政権にとって頭が痛いでしょう。
THAAD配備では在韓米軍も韓国国内の反米勢力に手を焼いているようですがこれには中国も韓国に強い圧力をかけています。
2017年に中韓の間でTHAAD配備に関する「3不協議」が結ばれ、中国側に大きく寄り添う合意を結んだのにも関わらず、在韓米軍がTHAAD配備の動きを見せ始めたことに中国が激怒しているのです。
韓国政府のナム大使は「2017年の3不協議は約束でも合意でもない」と述べたことで、中韓関係の冷え込みは避けられない状況となっています。
日米中、周辺国との対立で孤立を深めていく韓国。
文政権の外交で、韓国に未来はあるのでしょうか?

■この記事に対する反響

ポッチ―
ポッチ―

それでは、この記事に対する反響なのですが…「はっきりと文政権にNOを突きつけた形だな」「米国から共産国家の烙印を押されたんだ」「米国との関係が台無しだ…文災害がもたらす災害は想像よりも遥かに大きかった」このように、国民の間でも米韓関係崩壊を嘆く声が多くなっています。
しかし、まだまだ現実を見えていない韓国国民も多いようで、「今回来ないことが韓国に関係があるのか?」など、楽観的なコメントも多く見られます。
韓国は反米勢力も多いですから、米国との信頼関係が崩れることに、そこまで危機感を感じていない人も少なくないのでしょう。
お金の問題になってくると、記事へのコメントなども反米で染まりますしね。
しかし、中国や北との関係も良好とも言えないのが文政権の外交の悲しいところです。
わずか数年で伝統的な米韓同盟を失いつつあるだけではなく、ここ数年で発展しつつあった中韓関係も冷え込み始めているのです。
文政権がトップにいる限りはこの状況は続くことが予想されていますから韓国国民が弾劾に動き出さなければ、韓国はますます孤立していくことでしょう。

ポッチ―
ポッチ―

発言に一貫性がなく、約束を守らない国ですから信用されなくて当然ですね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました