中国が空母キラーミサイルで米国を牽制、世界で第三次世界大戦の瀬戸際と懸念が高まる【世界情勢】

中国が空母キラーミサイルで米国を牽制、世界で第三次世界大戦の瀬戸際と懸念が高まる【世界情勢】
米中対立が激化している中、ついに中国から米国への牽制が目的とみられる行為で、 4発の弾道ミサイルが発射されることになり、米国側もエスパー国防長官が、 「譲歩しない!」と強い姿勢をアピールしており、軍事的な緊張が高まっています。 チャンネル登録 ⇒ 評価👍👎&コメント💬で応援...

『中国がミサイルで米国を牽制第三次世界大戦の瀬戸際と緊張高まる』

米中対立が激化している中、ついに中国から米国への牽制が目的とみられる行為で、4発の弾道ミサイルが発射されることになり、米国側もエスパー国防長官が、「譲歩しない!」と強い姿勢をアピールしており、軍事的な緊張が高まっています。

中国、南シナ海に弾道ミサイル4発発射 「空母キラー」で米けん制


米国防当局者は26日、中国軍が中国本土から南シナ海に向けて中距離弾道ミサイル4発を発射したと明らかにした。
中国は25日に米軍偵察機が軍事演習区域を飛行したと非難したばかり。
今回の発射には中国の南シナ海領有権主張を否定し、経済・軍事両面で対中圧力を強めるトランプ米政権をけん制する意図があるとみられる。
当局者によると、弾道ミサイルは南シナ海のパラセル諸島と海南島に挟まれた航行禁止海域に着弾した。
「ミサイルの種類については現在分析中」という。
これに先立ち、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは中国軍が対艦ミサイル2発を発射したと報じていた。
それによると、中国軍は26日午前、内陸部の青海省から「東風“ドンフェン”26」(推定射程4000キロ)、沿岸部の浙江省から「東風21D」(同1500キロ)を1発ずつ発射。
中国軍筋は「米軍が頻繁に軍用機や艦艇を南シナ海に派遣し、潜在的危機を高めていることに対する中国の返答だ」と警告した。
東風26は米領グアムを射程に収めることから「グアムキラー」と呼ばれ、対艦攻撃も可能とされる。
また「海上の大型艦艇を正確に攻撃できる」(中国国防省)といい、東風21Dと並んで「空母キラー」の別名もある。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


中国も、かなりなりふり構わない姿勢を見せてきましたが、これは米国を牽制と言うよりは、気を引こうとしているのでは?と私は見ています。
交渉をするためにミサイルを打つとか、北とやり方が一緒になってきましたね。
北が経済力を持っていたらこういう風になるのかなと思ってしまいました。


しかし、この行為は他の国相手ならまだしも、米国に対しては逆効果ではないでしょうか?米国は「一切譲歩するつもりはない」と言うような姿勢を露にしていますし、トランプ大統領に至っては、選挙に向けての追い風が来たと喜んで、更に煽ったりしてきそうなことまで考えられます。


そういった締め付けの強化から、各国メディアは米中戦争が起こることに対して、かなり敏感になっているようで、「第三次世界大戦の瀬戸際」という言葉まで見かけました。
はっきり言って、日本にとっても重大な影響を与える事になるでしょうし、ここまで緊迫した状況なのですから、防衛についてきちんと見直しをしてほしいですよね。

ポッチ―
ポッチ―

この大国同士の対立は、何処に着地をするのでしょうね…

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました