中国発の正体不明の種、韓国には届いてない?韓国国民が抱える別の不安【世界情勢】

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『中国発の正体不明の種、韓国国民が抱える別の不安』

中国から正体不明の種が送りつけられる事案が、欧米諸国で相次いでいましたが、ついに日本にも送られてくるようになったようです。
世界で中国への不信感が高まる中、韓国は中国とどのように付き合っていくのでしょうか?

中国発正体不明の種、世界に広がる…韓国は?

注文の覚えがない正体不明の植物の種が配達された?
31日(現地時間)、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、米国農務省は、少なくとも先月初めから米国22州といくつかの国で、数千人もの人々が、購入していない植物の種が入った包みを受け取ったと明らかにした。
カナダや英国、オーストラリア、日本でも、この問題について調査している。
米国農務部動植物衛生検査局副局長は、これまで人々が受けた小包を収集して検査を行った結果、マスタード、アサガオ、白菜、ローズマリー、バラなど14種の植物の種子を確認したと発表した。
農林部によると、29日午後基準、現在までに、いずれの種からも害虫や疫病を移す兆しは確認されていない。
配達事故や詐欺に関連する証拠も確認されていない。

しかし、万が一の状況に備え、米国連邦捜査局(FBI)から国土安全保障省税関国境警備局でこの種を調査中だ。
米国の連邦政府と州政府は、注文した覚えのない小包を受け取った人は、種を植えたり触れたりせず、元の包装に入れて、農務部の回収要請に従うことを要請した。
政府関係者は、「種を植えれば侵襲の危険がある外来種から植物の病気を広める可能性がある」とし、「またゴミ埋立地から種が発芽することもあるので、ゴミ箱にも絶対に捨ててはならない」と勧告した。
米国ワシントンに居住するジェニファー・テイラーは、先週、中国の消印が押された小包を郵便で受け取った。
この小包の中にはクリーム色の小さな種が入った袋が入っていた。
テイラーは不安から「これらを燃やしたい」と話した。

ルイジアナ州では、捜査官が、中国だけでなく、ウズベキスタン、ソロモン諸島、アラブ首長国連邦(UAE)、キルギスタンなど、多くの地域から発送された数百個の包みを回収する作業を行った。
NHKによると、日本でも全国に「注文した覚えのない植物の種が配達された」という相談が相次いでいる。
先月28日、神奈川県三浦市に住む60代の男性は、中国広東省深センの消印が押された透明な袋に2㎜サイズの茶色の丸い種が数十個入っていたと話した。
海外からきたこの袋には、検疫を通過した合格塗装がなかった。
日本の植物防疫所も植物の種を受けた場合、むやみに植えないよう呼びかけている。
中国外務省は今週初め、このような「正体不明の小包」と関連して、メールに貼り付けたラベルが偽造された可能性を示し、調査のために小包を送るよう米国に要請したと明らかにした。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

といったように、ついに日本にも送られてくるようになった「謎の種」…
この不気味な中国からの小包ですが、中国は国の関与を否定しており、未だ全容が解明されていない状況で、現在調査中という事です。
バイオテロの可能性や、住所と名前を中国企業や中国政府に把握されているということに恐怖を感じる声も増えている中、早急に真相究明が求められています。
この規模での元払いでの発送となれば、単なる一組織の迷惑行為や詐欺行為ではなく、国家規模、もしくは世界的な超大企業がなんらかの意図があってやっているのではないかとの憶測も飛び交う中、いまだ不明な点が多い状況です。
一部では大手通販サイトであるamazonから個人情報が流出したとも噂されており、このパンデミックでインターネット通販を利用する人も増える中、混乱が広がっています。
以前から、中国業者による「amazon荒らし」は問題視されていました。
中国業者が粗悪品を大量出品することで、amazonの質が大きく下がったとユーザーからの苦情が殺到しているのです。
これらの粗悪品はすぐ壊れるどころか最初から壊れていることも珍しくありません。
また、安物で釣って商品を送らない業者も平気で存在しているのです。
1,000人から100円を徴収すると、仮に1,000人の注文が入ったら10万円になり10商品で同時にそれをやると100万円になります。
商品は送らないので1週間ほどしたら「届かない」という苦情が入りますが、苦情が入ったとしても、すぐに返金すれば、大きなトラブルになることはありません。
しかし、モノが届かなくても「100円程度なら騙されたと思って忘れよう」と考えて泣き寝入りする人たちも多いようで、そういう人たちから薄く広くカネを集めて、評価レビューが「届かなかった」というコメントだらけになったらアカウントを閉鎖し、また新たにアカウントを作成する、こうした信じがたいモラルの中国業者が溢れているのです。
これらの業者が、注文時に入手した個人情報を適切に管理しているとはとても思えませんし、そもそも個人情報入手目的で行われている可能性も否定できません。
また、今回の「謎の種騒動」に関し、ホワイトハウス警察署は、公式Facebookで、種子の送り付けはオンライン詐欺の一つであるブラッシング詐欺ではないかとも指摘しています。
ブラッシング詐欺とは、安価な製品を相手の同意なしに勝手に送り付け、受取人のふりをしてamazonなどの通販サイトに高評価のレビューを書き込む手口です。
ネット上で製品の評価や認知度を高める目的があり、受取人に荷物が届くと、注文が完了したとみなされ、レビューをサイトに書き込めるようになる仕組みを悪用したものです。
これらの被害もあり世界中で中国業者や、TikTokなどの中国製アプリ、ファーウェイなどの中国製品が排除される傾向にある中、韓国はどうでしょうか。
まだ謎の種が届けられたという情報が無い韓国ですが、韓国と中国はビジネス目的での渡航制限緩和に加え、留学生の渡航緩和も実施されるようです。
世界が中国と距離を置く風潮に逆らうように、いっそう関係を深めていく文政権。
G7の信頼を得られなかったのも納得の展開ですが、韓国国国民に種が送られるようになった場合、どう対処するのでしょうか?
それでは、この記事に対する反響をポッチー君に教えてもらいましょう。

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

・中国を警戒しないといけない
・韓国には種が来ない?
・文大統領が関係していないか不安

ポッチ―
ポッチ―

アシスタントのポッチーです!それでは、この記事に対する反響なのですが…
「中国が何かを企んでいるのでは?」と、この件に対して不気味に感じているのは一緒のようですが、「韓国には送られていない」というように、他の国と違う立場に戸惑いを感じているようです。
その不安と文大統領の中国傾倒の姿勢から「文大統領が関与している?」といったように、「韓国も一枚噛んでいるのではないか?」という不安の声も見られます。

【これに対する私の見解】

報道 探
報道 探

ポッチー君ありがとうございました。
このように、韓国国内でも不気味な中国からの小包を不信がっています。
また中国が何かをしているとか韓国国民は勘ぐっているようで、この「謎の種」については警戒を強めているようです。
しかし、世界中が中国排除に動く中、中国との関係維持にこだわる文大統領に対して、この件に関与しているのではと疑いを見せるコメントが見られるなど、韓国国民は、種を送られた国とは別の不安を感じているようです。
実際、韓国には送られている様子はないので、「中国の子分だからなにもされない」という国際社会からの印象を気にしているのでしょうね。

報道 探
報道 探

不気味な種を送りつけてくる中国…
まだ事実は闇の中ですが、なんとも言えない不気味さを感じます。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました