韓国慰安婦団体で亀裂発生!?「利用された…」に対し認知症だ!!韓国人「文政権はなぜ黙っている?」【世界情勢】

韓国慰安婦団体で亀裂発生!?「利用された…」に対し認知症だ!!韓国人「文政権はなぜ黙っている?」【世界情勢】
『韓国慰安婦団体で亀裂発生!?「利用された…」に対し認知症だ!!』 幾度となく揉めてきた慰安婦問題ですが、とんでもない暴露が行われた様で、 出来ればこのまま、この問題自体が消滅してほしいですね。 ■チャプター 【記事A】00:56 【見解前半】06:04 【韓国の反応】09:37 【見解後半】10:46 チャンネ...

『韓国慰安婦団体で亀裂発生!?
「利用された…」に対し認知症だ!!』

幾度となく揉めてきた慰安婦問題ですが、存在そのものが怪しい上に、
この問題は既に決着しており、韓国が勝手に騒いているだけで、
何十年も日本が付き合わされているのですが、とんでもない暴露が行われた様で、
出来ればこのまま、この問題自体が消滅してほしいですね。

【社説】「利用されるだけ利用された」との主張に対し慰安婦団体は問題を全て明らかにせよ


日本軍慰安婦被害者のイ・ヨンスさんが慰安婦問題解決を求める水曜集会について
「憎悪と傷ばかり教え込んだ。寄付も被害者のために使われたことがない」
「どこに使われたのか知らない」「今後は参加しない」と述べた。
イさんは集会を主導してきた正義記憶連帯について
「30年にわたりだまされるだけだまされ、利用されるだけ利用された」と批判した。
また今回の総選挙で共に市民党の比例代表として当選した
ユン・ミヒャン前正義記憶連帯理事長についても
「私欲のため的外れなところに行った」と指摘した。
するとユン氏は「(30年前に)イさんと最初に電話で話したときは
『わたしではなくわたしの友人が…』だった」と述べ、
イさんが元慰安婦ではなかったとも受け取れる反応を示した。
過去を思いおこすような素振りをしながら、イさんを狙い撃ちしたのだ。
正義記憶連帯も共に市民党も、
「1億ウォン(現在のレートで約870万円)ずつ支払ったし、イさんも金を受け取った」
「イさんの記憶はわい曲されている」「心身が衰弱した状態」と反論。
イさんを「認知症」と批判した。

イさんは米議会で被害の事実を証言し、慰安婦決議案採択に決定的な役割を果たした人物だ。
文在寅大統領はイさんを韓米国晩餐会に招待し、
与党勢力の関係者らは列を作ってイさんのストーリーが描かれた映画を鑑賞して記念写真まで撮った。
ユン氏もこれまで30年にわたり慰安婦市民団体という看板で活動を続け、
そのおかげで総選挙では与党比例代表の上位の順番が与えられた。
慰安婦問題の前面で協力してきた2人が互いに対し「国会議員になるためわたしを利用した」
「高齢で錯乱している」と攻撃する事態になったのだ。
内部で何が起こったのだろうか。
慰安婦問題はわれわれのつらい歴史であり韓日間で最も敏感な争点だ。
被害者が日本で相応の謝罪と賠償を受けることを願わない国民はいない。
しかし市民団体はこの全国民的願いを口実に、ある瞬間から「問題解決」よりも「問題維持」と
私欲を満たすことの方により力を入れるようになった。
女性たちのうらみは何も解決されていないが、団体の関係者らは次々と政界と公職に進出した。
折衝が避けられない国際社会の現実に背を向けたまま、政治目的の反日扇動に便乗し、
却って問題解決を一層難しくしたとの批判も受けている。
そのためイさんの暴露に対しては市民団体とその周辺から「ついに来るべきときが来た」との反応も。

慰安婦問題では国民から寄付を集め、日本からも慰労金を受け取り、
最終的に国会議員にまでなった人物たちは今、これまであれほど持ち上げてきた女性を
本物ではないかのように、あるいは認知症の老人のように取り扱っている。
もしイさんが慰安婦でなかったのなら、これまで彼らはこれを知りながら利用してきたことになる。
もしそのことが事実なら絶対に容認できない。
ユン氏だけでなく、与党と政権は疑惑を解明する責任がある。
それが慰安婦問題解決に向け声援を送ってきた国民への礼儀だ。
この政権は前政権が結んだ慰安婦合意を「積弊1号」と烙印を押して破棄し
「被害者の意見が最も重要だ」と幾度となく強調してきた。
その政権で被害者の女性が「だまされて利用された」と怒りをあらわにしている。
国の恥であり国民としても恥ずかしいことだ。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

このように、公娼問題での看板女性二人が内ゲバを繰り広げているようです。
そもそもこの団体は以前より、「問題解決」よりも「問題維持」と私欲を満たすことの方に
より力を入れるようになっていることは、韓国国内でも度々指摘されてきました。
世間の同情を買うことで、団体の関係者らは次々と政界と公職に進出してきましたが
問題解決や被害者の救済は二の次で、不買運動などの形だけの反日は、
韓国経済を弱めるだけで、団体の自己満足に過ぎません。
感情的な行動を繰り返す公娼団体は、日本の感情を逆撫でし、
問題解決を遠ざけることで、自らの地位や役職をキープすることが目的のようです。
ユン氏などの団体幹部は、イ氏などを公娼として人前に出し、
世間の同情を買い、韓国国民からも多額の募金を集めてきました。
また、その知名度を利用して国会議員にまで登りつめたのです。
しかし、今、これほど持ち上げてきた人物を「公娼ではなかった」と糾弾するということは、
ユン氏の発言が事実なら、30年もの間、公娼でないと知りつつイ氏を利用し、
イ氏が痴呆状態にあり正常な会話ができないのにも関わらず、
証人として国際的な議論の場にまで担ぎ出していたということになるのです。
私たちがユン氏とイ氏、どちらが本当のことを言っているのかは知る由もありませんが、
真っ向から食い違う主張を見る限りはどちらかが嘘をついているのでしょう。
少なくとも、これまでユン氏がイ氏を利用して公娼団体の広報活動をしてきたことと
ユン氏がイ氏は本当は公娼ではなかったと指摘したことは紛れも無い事実なのですから、
ユン氏だけでなく、与党と政権は疑惑を解明する責任があるでしょう。
それは公娼問題解決を願い、ユン氏へ投票した国民への最低限の礼儀です。
イ氏の主張が事実であれば、自分の思い通りに動かなくなった時、
被害者女性を痴呆老人扱いし団体から追放するような人間が、
議員として国政を執り行うのは許されないことでしょう。
どちらに転んでも厳しい局面に立たされたユン氏ですが、どのような弁解をするのでしょうか。
嘘と利権にまみれた反日団体ですが、このような団体の幹部を議員として
大量当選させた文大統領も同罪と言える事は火を見るより明らかです。
果たして国民の批難の声は届く事はあるのでしょうか?
そもそも、慰安婦の存在自体が怪しいので、
双方共に嘘をついていると言うのも間違いではないのですけどね。

■この記事に対する韓国国民のコメント

ムンさん
ムンさん

・偽善者たちは反日扇動に要らなくなったら見向きもしない。
・慰安婦合意が間違っていると言っていた文政権はなぜ黙っている?
・デモで飯を食う寄生虫どもは許せない!
・慰安婦お婆さんを利用するなんて…罰当たりめ!
・政府はお婆さんたちを政治的に利用する事だけが目的だ。
・各種市民団体は受け取った金の90%を着服している。
・中国大使館前ではデモをしないし、韓国の市民団体はすべて左派政治団体だ!
・本当に従軍慰安婦のお婆さんを気遣ってくれたのは、朴槿恵大統領でした。
・心から当事者の安定と幸福に焦点を合わせてください。
・実際にお婆さんたちを支援したお金はどのくらいだろうか?

【これに対する私の見解】

報道 探
報道 探

韓国国内でもユン氏の評判はよろしくないようで、批判の声が高まっています。
韓国ではデモや寄付活動によって大金を集めている市民団体が多くいますが、
一方で最近は、こうした団体に冷たい視線が集まっているようです。
国を挙げて市民活動に力を入れて、日本から賠償金をまきあげて生きてきた韓国ですが
自戒の意識が芽生えたと言うのは喜ばしいことと言えるかもしれません。
この騒動が拡大すれば、こうした利権がらみの市民団体の解体の声が上がることも考えられます。
そうなれば強固な支持母体を一つ失うわけですが、文政権はどのような動きを見せるでしょうか。
自身の側近がネット上で世論調査などの工作活動をして逮捕された際も、トカゲの尻尾きりをして
無関係を装った文大統領ですから、今回も同様の対応を見せることが予想されますが、
果たして都合よく韓国国民は見逃してくれるのでしょうか?

報道 探
報道 探

反日の切り札ともいえる慰安婦問題。
結局、一部の人間が私腹を肥やす為に
騒いでいただけのようです。
やはり、慰安婦なんて存在していないのでしょうね。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました