日本の教科書問題に韓国が注目!歴史教科書の「慰安婦の記述」削除申請に韓国人激怒!【世界情勢】

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

『日本の教科書問題に韓国が注目「慰安婦の記述」削除申請に激怒!』

保守団体「新しい歴史教科書をつくる会」が、中学校歴史教科書について修正を求めているようです。
修正内容としては「元従軍慰安婦」関連記述を削除するよう求めた要請書を、萩生田文部科学相宛てに送ったとの事ですが、もちろん韓国からは批判の声があがっています。

日本右翼団体、検定通過の歴史教科書内’慰安婦の記述’削除のロビー


日本軍慰安婦問題を簡単に言及した新しい中学校歴史教科書が来年から普及される予定の中、日本の右翼団体が関連記述の削除に向けたロビーを行っているとされた。
産経新聞は19日、保守団体「新しい歴史教科書をつくる会」(新歴会)と「慰安婦真実国民運動」が今年検定を通過し、来年から使用される山川出版の中学校歴史教科書で「従軍慰安婦」関連技術を削除するように、該当出版社に勧告するという要請書を、前日、萩生田光一文部科学相宛てに送ったと報道した。
慰安婦問題は、進歩性向の雑誌である週刊金曜日発行人兼社長の植村隆元朝日新聞記者が、1991年8月、慰安婦被害者である金学順(キムハクスン)(1997年死亡)の証言を初めて報道し、韓日間の最大の外交争点に浮上した。
日本政府は結局1993年8月河野洋平当時の官房長官の談話(河野談話)と慰安所の管理及び慰安婦の移送に日本軍が直接・間接的に関与したと認めて反省と謝罪を表明した。
産経新聞によると、これを機に1995年検定の時は日本の元出版社教科書に慰安婦問題が掲載された。
しかし、「従軍慰安婦」呼称をめぐる議論と当該教科書を使う生徒の成長期を考慮しない記述という批判論が日本国内で拡散した影響で、2004年から、歴史教科書で慰安婦の記述自体が一斉に消えた。

山川出版は慰安婦関連の内容を取り上げながら、一つの文章で「戦場)に設置された’慰安施設’では朝鮮、中国、フィリピンなどから女性が募集された(いわゆる従軍慰安婦)」と説明した。
これに対し、つくる会などは萩生田(はぎうだ)文部科学相に送った要望書で「従軍慰安婦は証拠によって裏付けられない強制連行のイメージと深く関連付けて使用されるかも知れない」とし、関連記述が政府見解などに照らして不当だと主張したという。
これらの団体が取り上げた「政府見解」は、歴史修正主義を掲げた安倍晋三元首相内閣が強制連行を直接指示したのと同じ公式文書は見つかっていないとして、「河野談話」を否定し続ける立場を示していたことをいう。
産経新聞は山川出版の教科書が河野談話の様に「いわゆる従軍慰安婦」と記述しているとし、河野談話のほかには近年に日本政府が’従軍慰安婦’という表現を使った例がないと伝えた。
日本の教科書検定は、民間が製作した教材が学校で使用するかどうかを政府が審査する制度だ。
当局は出版社が提出した検定申請図書を検討して調査·検定の意見を出し、出版社は検定に合格するため、これを基に本の内容を修正する過程を経る。
検定を通過した図書のみ、現場の学校で教科書として使用できる。
今年3月の中学校教科書検定では、歴史科目として申請された9科目のうち、右翼寄りの自由社の「新しい歴史教科書」など2科目が異例の不合格判定を受けた。

【この記事に対する私の見解】

報道 探
報道 探

というわけで、今回の見解についてですが、内容が伝わりにくくなると思うので、「従軍慰安婦」という表現をそのまま使わせて頂きますが、ご了承ください。
過去、日本の歴史教科書を巡り中国や韓国などとの間で様々な摩擦が繰り返されてきました。
まず、第一次教科書問題と言われるのが1982年の教科用図書検定における論争です。
昭和時代前期の日本の記述について「日本軍が華北に『侵略』」とあったのが、文部省の検定で「華北へ『進出』」という表現に訂正されたと報道されました。
当時、この問題は日本と中国・韓国との間で外交問題に発展し第一次教科書問題と言われました。
そして、第二次教科書問題と言われるのが「日本を守る国民会議」の高校用教科書「新編日本史」の内容について、中国が批判した問題です。
中国の批判に対し、当時の中曽根首相が文部省に検討を要請し異例の再審議が行われました。
つまり、ここまでの歴史教科書問題は中国との論争が外交問題に発展するという構図でした。
ところが、2001年に「新しい歴史教科書をつくる会」が執筆した歴史教科書から流れが変わります。
同会が執筆し、中学校 社会科 教科用 図書検定に合格した「新しい歴史教科書」 について、検定申請本から「従軍慰安婦」「燼滅作戦」「731部隊」などへの言及が激減し、「日本の朝鮮植民地支配や中国侵略を正当化している」との主張が韓国から出ました。
そして「加害の記述を後退させた歴史教科書を憂慮し政府に要求する」との要望書が公表されました。
つまり、この頃から歴史教科書問題は韓国との外交問題に発展するという構図になった訳で、特に、韓国との「従軍慰安婦」をめぐる議論は現在でも外交問題として揉めています。
只、2004年からは「従軍慰安婦」という記述が、教科書を使う生徒の成長期を考慮しない記述という批判論が日本国内で拡散した影響で、歴史教科書で慰安婦の記述自体が一斉に消えました。
ところが、今回、文部省の検定に合格し来春から使用される、山川出版の中学校歴史教科書には、2004年度以降使われなくなっていた「従軍慰安婦」の呼称が復活しました。
これに対し保守団体「新しい歴史教科書をつくる会」が関連記述を削除するように要請書を文部科学相宛てに送った訳です。
従って、今回、検定に合格した山川出版の中学校歴史教科書が再びパンドラの箱を開けたわけですが、これから1980年代の議論を蒸し返すのは日韓両国にとって何の利益もない不毛の行為です。
何故なら、以前と異なり例え中学生でも本人がその気になれば、ネットで「従軍慰安婦」についていくらでも調べることができる時代だからです。
これは韓国に取っても同じことなのですが、一向に主張が変わる様子は見られません。
国際法に沿って完全に解決した問題を、一方的に反故にしている時点で、国家としての品格も地に落ちると思うのですが、韓国側は、いつになったらこういった事実を認める事が出来るのでしょうか?韓国側に不必要な勢いを与えかねないこの問題、削除申請は通るのでしょうか?

■この記事に対する反響のポイント

ムンさん
ムンさん

日本の歴史歪曲は酷い、韓国で認識は変わらず

報道 探
報道 探

それでは、この記事に対する反響なのですが…文部科学省が検定合格とした中学校歴史教科書の「元従軍慰安婦」関連記述問題に関して、韓国側からは「どんなに日本が歴史的事実を歪曲削除しようとしても無駄だ!」「歴史を歪曲する民族に未来はない!」とのコメントが寄せられています。
多くの韓国国民は「元従軍慰安婦問題」に関しては日本を強く批判しています。
ところが、2015年の安倍政権と朴政権の慰安婦問題日韓合意を文大統領が破棄した頃から、韓国国内の「元従軍慰安婦問題」に関する潮目に変化が見え始めました。
そして、今年、「慰安婦」を支援する市民団体の不正会計疑惑が発覚して以降、韓国国内の「慰安婦問題」に関する関心は急速に冷え込んでいます。
また、ベトナム戦争で韓国軍が起こした「ライダイハン問題」などもあり、「我々に日本の悪口を言う資格があるのか?」という自戒の指摘も増えているのです。
しかし、こういった声はあくまで、私腹を肥やしていた市民団体等にたいしての物です。
「慰安婦に日本の謝罪が必要」という認識は変わっていないので、注意が必要です。

報道 探
報道 探

歴史教科書問題に関しては、再び1980年代や90年代の不毛の議論を繰り返したくないものです。

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

【Hotch Potch】ニュース世界情勢
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました