サムスン電子失速、米国企業にも抜かれてしまい半導体時価総額3位に墜落…【世界情勢】

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

『サムスン時価総額3位に墜落…米国企業にも抜かれてしまう 』

米中対立で苦しむサムスンが、TSMCに続き米企業のNVIDIAにもグローバル半導体時価総額を抜かれてしまい、3位に順位を下げてしまいました…韓国国民の間では、看板企業を取り巻く状況に不安の声が上がっています。

サムスン電子、半導体時価総額3位に墜落… NVIDIAにも押された


グローバル半導体企業の時価総額が18日に発表されたところによると、時価総額358兆ウォンのNVIDIAがサムスン電子を押し、世界2位に浮上した。
サムスン電子は年明け比株価は6%上昇に止まったが、NVIDIAは同期間、104%も高騰した。
世界的な半導体市場で1位だったサムスン電子は、今年7月に台湾の委託生産企業(ファウンドリー)TSMCに抜かれて1位を奪われたが、わずか1カ月で売り上げ規模がサムスン電子の15分の1にすぎない半導体設計専門企業のNVIDIAに2位の座まで明け渡した。
NVIDIAの今年第1四半期の売上は30億8000万ドルで、サムスン電子の今年第1四半期の売上55兆3000億ウォンのわずか15分の1だ。
1-3月期のサムスン電子の営業利益は6兆5000億ウォンで、営業利益だけでも同期間のNVIDIAの2倍だ。
NVIDIAはGPUつまりグラフィック処理装置専門で、生産はすべて台湾TSMCなどファウンドリーに外注し、GPUの設計と関連サービスの開発に集中する「ファブレス」企業だ。
売上·営業利益いずれもサムスン電子とは比べ物にならないほど小さなNVIDIAがグローバル資本市場の企業価値評価(時価総額)でサムスン電子を上回ったのだ。

【これに対する私の見解】

レッサーパンダ
ポッチ―


サムスンも半導体で天下を取ってきましたが、続々と後追い企業の追い上げが始まっています。
もともと、サムスンが覇権をとっていたのは、日米関係の悪化の際の影響からでした。
現在では、米国の政策で大転換が起こり、中国との対立路線に入りました。
そのことで、ライバルであった台湾と米国がタッグを組むことになり勢いを増しましたが、そんな中で親中路線の文大統領が就任した韓国は、宙ぶらりんの状態になってしまったわけです。


韓国国内からもそういった状況を憂いてなのか「サムスンは国を出るべき」という声も聞こえます。
しかし、半分国営企業みたいな立場でここまで大きな企業になったという側面もあるので、中々韓国から離れる事も出来ないのでしょうが、実際はどう思っているんでしょうね。
もし本気で脱韓国を考えている場合は、本社を海外に移動して、質実的に海外企業となって、サムスンが韓国経済の最大の敵になるのでしょうか?


何にせよ、中国企業の成長によるシェアの縮小も大きな影響を受けているでしょうし、日米の協力が無い状態は、サムスンにとってはかなりつらい状況だと思われます。
ですので、韓国政府が中国との関係を清算しない限り、状況は好転しないと思われます。

ポッチ―
ポッチ―

このままサムスンの立場は奪われていくのでしょうか?

続きは動画で…

友だち追加

よろしければ、友だち登録お願いします^^
メッセージ頂けると、個別に対応いたします。
また、後に HotchPotch 運営から有益な情報も配信する予定です!

こちらから↓↓↓ HotchPotch LINEにご登録下さい。
https://line.me/R/ti/p/%40750kpvey

ID検索の場合はこちら▼
@750kpvey(@もお忘れなく)

※LINEのアプリをインストールされていないのなら、
iPhoneならAppleStore、Androidなら、google play storeで
「LINE」と検索して、インストールしてください。

インストール後に、上記のURLをから、友達追加をして下さい。

#世界経済#韓国経済【教えて経済HP】ニュース
スポンサーリンク
Hotch Potch
タイトルとURLをコピーしました